ポイント係員としての薬舗での商売

ドラッグストアでの主な勤務は、医師が発行する処方を通じて調剤を行うことです。調剤ビジネスは、調剤収入と呼ばれるレセプトの記入、ピッ古参と呼ばれる棚から薬を食する作業、ピッ古参した薬を処方と照らし合わせて間違いがないか。病人君のバックグラウンドを確認して薬のシナジーはないか、総合を確認した上で薬剤師は、病人様に飲用行なう。そこでは病人君の体制を確認し物語を通じてお薬が物語といった間違ったものをだされてないかを確認しながら聞き取っていきます。仮に間違ってることがあれば、医師に確認します。その作業を疑義照会と呼びます。処方談話に大丈夫かを確認し初めてお薬を病人君は受け取れることができます。一般的にはそこまでだと思われがちですが、薬剤師には以後病人君から聞き取ったレジメをまとめる調剤歴を記入するビジネスがあります。手順です調剤ビジネスをコンポーネント薬剤師・働き手薬剤師区別なくこなしていきます。ドラッグストアでは収拾薬剤師と呼ばれるオーナーがゼロ名称いらっしゃる。働き手が行うことが大半ですが、オーナーは薬の注文。売れ残り収拾を行っています。ドラッグストアの中には、コンポーネント薬剤師も注文に始めることもあります。薬剤師のビジネスは、収拾全て関係なくそれぞれに一人一人の責任のある勤務が任されていらっしゃる。

▲ページトップに戻る